2017年10月26日木曜日

ドラフト会議2017 ~毎度のカープ目線~

 
 
 
 
 
緒方はん
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ、辛うじてもっとたか。
 
(森さんよりは。)
 
 
 
 
 
 
ほんま、久々の明るいニュースで、
 
来年の励みになります。
 
ありがとう。
 
 
 
 
 
 
しかし、皆さん、慌ててはいけない。
 
 
 
本人は目標を新人王と言っていたが、
 
まずは、
 
 
 
船越
 
板倉
 
磯村
 
あつ
 
石原
 
 
 
そして先輩の、
 
白濱の牙城を崩さなければ、
 
そんな目標は達成されない。
 
 
即戦力など夢のまた夢の話である。
 
 
 
 
 
 
ということで、まずは、
 
 
今年の私のドラフト予想を振り返ってみよう。
 
 
 
 
1巡目
  
田嶋大樹(JR東日本)
 
オリックス 1位
 
 
 
外れ1位
   
東 克樹(立命館大学)
 
DeNA 1位
 
 
 
2巡目
  
高橋遥人(亜細亜大学)
 
阪神 2位
 
 
 
3巡目
  
近藤弘樹(岡山商科大学)
 
楽天 1位
 
 
 
4巡目
  
西川愛也(花咲徳栄高校)
 
西武 2位
 
 
 
5巡目
  
高松渡(滝川二高校)
 
中日 3位
 
 
 
 
 6巡目
 
 櫻井周斗(日大三高校)
 
DeNA 5位
 
 
 
 
 
全滅
 
 
 
近藤や西川を下位にするなど、
 
苑田さんに叱られるレベルである。
 
 
 
 
 
では、恒例の、
 
ドラフトカープ目線をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これはすごい。
 
 
9名全員 育成ドラフト
 
 
王者の風格
 
 
DeNAがまたまた左即戦力投手を捕ったのに対して、
 
なんたる余裕か。
 
 
 
全員3年間は寝かさなければ芽が出ないだろう。
 
 
 
来年の優勝よりも、
 
10年間のAクラス。
 
 
 
これはこれで賢明やね。
 
 
 
 
 
 
 
 


2017年10月25日水曜日

明日は、ドラフト会議やで~

 
 
 
 
とうとう明日は運命の日。
 
ドラフト会議なのである。
 
 
 
 
 
ソフパンやらDeNAやら、
 
もう、知ったこっちゃない。
 
 
 
 
 
もう、私は、
 
カープが強くなることしか興味がない。
 
 
 
 
 
 
 
なのに、
 
 
 
 
 
 
 
 
すでに、カープの1巡目は決定。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ、一本吊りを狙った
 
抑止力のため、
 
すでに公表済み。
 
 
 
 
 
 
正直、
 
これをやられると、
 
ドラフトの楽しさが半減するのである。
 
 
 
 
 
 
 
誰に行くのか、
 
誰に行くのか、
 
 
 
 
 
 
由美ちゃんに行った~
 
 
 
だから面白いのに、
 
事前に分かると残念なのである。
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、
 
 
中村君が、凄い選手なのは確か。
 
 
 
オーナーが言っているように、
 
 
中村君が捕れたら、
 
 
15年は捕手安泰というのも満更ではないだろう。
 
 
 
地元、
 
甲子園のヒーロー、
 
イケメン、
 
強肩、
 
打てる、
 
 
 
 
これは広島が取らない訳にはならない。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
 
 
 
私は、ファンの皆様から、
 
 
批判をいくら浴びようとも、
 
 
これだけは言っておきたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
欲しい選手と、
 
 
必要な選手は、
 
 
 
違うのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
カープに必要なのは、
 
即戦力左投手。
 
 
 
 
 
 
筒香、福留、大島、糸井を、
 
このまま野放しにしてはならないのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ということで、
 
 勝手にドラフト会議やります。
 
(その順位で取得可能も考慮して。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1巡目
 
 
 
田嶋大樹(JR東日本)
 
 
投手/ 180.0cm70.0kg 左投左打
 
 
 
WBCで見たときの衝撃。
 
柔らかい身体。
 
松井みたいな腕の振り。
 
超優良物件。
 
新人王間違いなし。
 
日本一になるために絶対に必要。
 
これ一つで、
 
カープの左貧血問題が解決。
 
 
 
くらいの人材である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外れ1位
  
 
東 克樹(立命館大学)
 
投手/ 170.0cm72.0kg 左投左打
 
 
すでに石川レベル。
 
身長は低いが、ストレートがバカ速い。
 
ホームがきれいで、故障しにくいのでは。
 
外れ1位なら取れるかも。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2巡目
 
 
高橋遥人(亜細亜大学)
 
投手/ 179.0cm74.0kg 左投左打
 
 
指にかかったときの球は、
 
カトタクレベル。
 
ただし、制球力も、
 
カトタクレベル。
 
亜細亜なので、
 
カープしごきにもついてこれるので、
 
3年後はとんでもない選手になる。
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
3巡目
 
 
近藤弘樹(岡山商科大学)
 
投手/ 186.0cm85.0kg 右投右打
 
 
 
この辺で、ジモピー。
 
太もも最高。
 
巨大生物。
 
カープ3巡目はウェーバー速いので、可能性あるか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4巡目
 
 
西川愛也(花咲徳栄高校)
 
内野手/ 外野手/ 177.0cm75.0kg 右投左打
 
 
 
名前が愛川欽也みたいで良い。
 
対広陵の時に見たふりの良さは、
 
ギータをほうふつさせる。
 
ただし、
 
壊れておしまいになるかもしれない。
 
でも、こんな選手もカープは育ててほしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5巡目
 
 
 
高松渡(滝川二高校)
 
内野手/ 外野手/ 176.0cm65.0kg 右投左打
 
 
 
足がアホ。
 
野間のスピードがスローモーションに見える。
 
打力は皆無。
 
鈴木尚広代わりに入れておく。
 
 
捕れなかったら、
 
野村颯一郎をコネで入れておく。
 
これも、足だけは速い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 6巡目
 
 
 櫻井周斗(日大三高校)
 
 投手/ 外野手/ 176.0cm70.0kg 左投左打
 
 
 
バッティングもいいけど、
 
ピッチャーでやってほしい。
 
スライダーを磨いて、
 
筒香キラーになってほしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ、これくらいにしておこう。
 
 
 
カープには来年の投手が必要。
 
 
 
 
内野は、
 
美間、桒原、庄司
 
 
 
外野は、
 
大樹、下水流
 
 
 
捕手は、
 
坂倉、船越
 
 
 
 
が、新たに出るので、差しあたっていらないのである。 
 
 
 
ということで、
 
 明日のドラフト会議を楽しみに待ちましょう。
 
 
 
 
 
 
 


2017年10月24日火曜日

クライマックスセカンドステージ第5戦

 
 
 
 
 
 
結局第4戦は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3得点の後、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな余裕をかました為に、
 
 
 
逆転負け。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
 
DeNAの王手で迎えた、
 
 
第5戦
 
 
 
 
 
 
 
もう、そこにある姿は、
 
 
シーズン中のカープの姿ではなかった。
 
 
 
 
 
勢いも無い、
 
 
采配もダメ、
 
 
繋がりも無い。
 
 
 
 
 
もはや、
 
 
 
DeNAの波に飲み込まれた、
 
 
金魚状態である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はっきり言おう。
 
 
打線は、
 
 
誠也、安部、エルドレッドがいないことは、
 
 
 
DeNAで言えば、
 
 
 
 
 
 
筒香、梶谷、ロペス
 
 
が居ないに等しい。
 
 
だから、得点力が落ちているのは、
 
しょうがない。
 
 
 
 
 
 
 
 
では、投手力はどうか。
 
 
 
これは、
 
 
完全にDeNAのほうが完全に上。
 
 
 
 
 
ここ数年で、
 
地道に左投手を取って、
 
先発の柱を育ててきた。
 
 
 
 
この左投手対策が、
 
直接カープ対策になっているのである。
 
 
 
 
 
 
と、ぼやいていると、
 
 
とうとう、その時が訪れた。
 
 
 
 
 
 
 
148試合目
 
 
 
 
 
 
広島東洋カープ
 












 

 
 
  
 
陥落
 
 








 
 
 
 

 
 
 
 
 完敗ではなく、


惨敗。









これは、かなり、


 

 
 
 
 尾を引くだろう。









しかし、この悔しさを、

来年に持ち越し、

 
 
 
 4番誠也を中心とした、

最強のカープで、




4番筒香を中心とした、

最強のDeNAと、



真っ向勝負してもらいたいのである。








 
 そして、2日後には、

ドラフト会議がある。
 
 
 

今日負けた瞬間から、

来年への勝負がスタートしているのである。






 さらに強くなったカープを見せてもらいたい。
 
 
 
 

ショックなので、早よ寝よ。
 
 
 
 


2017年10月22日日曜日

初めてドーム球場がうらやましいと思ったのである。

 
 
 
 
 
スポーツをやったり観たりするのに、
 
 
 
 
 
屋根付き。
 
冷房付き。
 
ホームラン空調付き。
 
 
 
 
 
こんな贅沢な環境など、
 
 
「悪」
 
 
である。
 
 
 
 
 
雨やら風やら、
 
暑さ、寒さ、
 
おひさまの角度、
 
虫の発生
 
 
 
 
これらの条件を考えて、
 
プレーし、
 
ある時はそれらが試合を決めることもある。
 
 
 
 
 
これが野球の醍醐味である。
 
 
 
 
 
そして、何よりも、
 
屋根なしスタジアムの灼熱の中で飲む、
 
 
 
 
 
 
 
至福の一杯
 
 
 
これは、ドームでは味わうことはできないだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、これらの条件は、
 
 
「試合ができる」
 
 
ことが前提である。
 
 
 
 
 
いまや、チケットも手に入らず、
 
行きたいときに見に行けない環境。
 
 
 
そんな条件の中、どうにかチケットを手に入れたと思ったら、
 
 
中止試合
 
 
それが、2日も順延してしまうと、
 
観戦を諦めざる得なくなるのである。
 
 
 
 
 


 
 
 
ドーム球場ではこんなに盛り上がっているのに、
 
 
屋根なし球場では、
 
 
 
 
 
「残念ですが、今日、横浜に帰ります。」
 
 
 
 
などというコメントをみると切なくなるのである。
 
 
 
 
 
まあ、ドーム球場の必要性は置いといて、
 
 
少なくとも、
 
 
チケットの取り扱いについては、
 
 
中止の場合は、
 
 
 
 
チケットをそのまま次の日に使えるし、
 
払い戻しもできる。
 
(戻ったものは当日券にする。)
 
 
 
などとして、柔軟に対応できるようにしてもらいたいものである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2017年10月21日土曜日

クライマックスセカンドステージ第4戦

 
 
 
 
 
しかし、今週はよく雨が降る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日も予想以上に雨が降っているが、
 
とりあえず、
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
広島に向かう。
 
ちなみに、JRのとくとく切符で、
 
柳井⇔広島
 
通常往復 2,620円のところ、
 
1,990円+アッセの割引券を貰える。
 
 
かなりお得である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
とうちゃく。
 
 
今日の席はレフトの屋根下席。
 
最高なのである。
 
 
しかし、自由席の皆様はとても大変そうである。
 
 
 
 
 
 
 
そんな皆様を見ながら、
 

 
 
 
ビールを飲んでしまう私は罪なのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、今日の雨は半端ない。
 
 
1mm、2mmではないだろう。
 
 
 
 
 
 
 
したがって、
 
 
 
 
 
 
 
開始1時間前にこうなる。
 
 
 
まあ、賢明な判断である。
 
 
正直、このCSファーストステージもファイナルステージも、
 
勝敗の行方は「お天気」にかかっている。
 
 
 
阪神は「お天気」に負けて、
 
カープはどうなるのだろう。
 
 
 
今日、明日のお流れで、
 
カープの先発は薮田の出陣も可能になる。
 
 
 
もう、勝負の行方は誰も分からないのである。
 
 
 
 
 
 
 
などと考えながら、
 
 
柳井駅に戻ると、
 
 
駅員さんが、
 
 
「お客さん」
 
 
と私を呼び止める。
 
 
 
「はぁ。俺が何やったんじゃ。この、ハゲー。」
 
 
と振り返ると、
 
 
 
「今日は野球が中止になっていますので、
 
カープとくとく切符の払い戻しができます。」
 
 
 
 
「お~、すげーシステムやんけ。」
 
 
 
スタジアムで、弁当とビール1杯
 
お好み焼き屋で、お好みとビール3杯
 
 
これだけ広島を堪能したのに、
 
運賃が帰ってくるのである。
 
 
すばらしいのである。
 
 
 
 
 
 
明日も取りあえず行ってみるかな。
 
 
 
 
 


2017年10月20日金曜日

クライマックスセカンドステージ第3戦

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バントイップス状態の人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この目は、
 
遠い遠い昔の、
 
楽しかったころを見ているのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あれだけ、
 
 
 
 
 
 
バント伝説を残してきた男だが、
 
今日ほど笑えないバントの失敗は無いだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、今日の完封負けは、
 
全員の責任。
 
 
 
 
監督・コーチ
 
選手
 
ファンの皆さん
 
そして、私
 
 
 
 
 
 
 
 
ここは、謙虚が大切。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横浜の皆様。
 
ようこそ広島へおいでやす。
 
楽しんで帰ってくださいね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
じゃな~い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もはや、今日の負けで、
 
本気モードになったど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このまま終わると思うな。
 
いまから始まる恐怖を味わうがよい。
 
 
 
 
なぜDeNAが3位で、
 
カープが2年連続1位なのか、
 
身をもって知ることになるだろう。
 
 
 
ファンの我々も、
 
ビビってばかりでなく、
 
絶対に勝つと信じて、
 
応援するのだ。
 
 
 
 
もう負けへんで~
 
 
もう、DeNAに怯えるもんか~
 
 
 
 
(来年までは)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2017年10月19日木曜日

クライマックスセカンドステージ第2戦

 
 
 
 
 
 
 
 
 
複雑な思いなのよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝って欲しいけど、負けても欲しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
欲しがり屋さんなのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、ここは、
 
 
腹を決めて、
 
 
3連勝
 
 
を期待しよう。
 
 
 
 
 
 
DeNAに隙を与えては、
 
雪崩式に崩壊する可能性がある。
 
私の不純な動機で、
 
負けを期待するなど、
 
言語道断なのである。
 
 
 
 
CSはあくまでも過程であり、
 
目標は日本一なのである。
 
 
 
 
チケットがあるとか無いとか関係ない。
 
 
 
 
1敗もするな、カープよ。
 
 
 
ここでセリーグ王者の力を見せつけろ。
 
 
 
 
 
















 
 
ん?
 
 




























強いね、DeNAさん。
 
 
 
 
 







 
え?

 
お前は黙ってろですと。























 

 
 
 
は・・・い。
 
 
  
 
 
 
 
  


2017年10月18日水曜日

クライマックスセカンドステージ第1戦

 
 
 
 
始まった。始まった。
 
 
クライマックス。
 
 
 
 
 
しかし、いきなりですが、
 
 
 
 
 
 

 
 
 結構な雨。






ちなみに、天気予報の、


降水量の目安ですが、




1mmだと、

1時間に1㎡の面積に、

1mm溜まる量である。





正直、これでは実感としてわからない。





目安は、

降水量1mmならば、

傘がいらないくらい。




しかし、1mmを超えると、

傘がいるくらい。




2mmを超えると、





 
 
 
これくらいだろう。





だから、今日のマツダスタジアムは、

2mmから3mmくらいの降雨と思われる。






 
 そして、これくらいの降雨が続くと、

プレーに支障が出始める。













そう、先日の甲子園のように。


泥仕合になるのである。








え?試合?




 

 

 


 

天敵、石田に完全に抑えられていたが、


バティのフォアボール

新井さんのヒット

広輔のタイムリー

菊りんの内野安打



まさしく、



繋いで繋いで得点。





この攻撃は、

琢ちゃんと河田さんの置き土産。


ありがとうなのである。





そして、運よくここで5回終了。

試合成立。
 
 と同時に、


 
 
 シート登場
 
 

これは、選手の安全を考えて、


中止すべきである。



 

ちなみに、試合中止は、

主催者である、セントラルリーグが決めるらしい。
 
 
 
 

そして、


 
 
 



 
 
 
 賢明な判断である。




DeNAさんは悔しいかもしれないが、

これは同じ条件だから、

しょうがない。




これで、


カープ 2勝

DeNA 0勝






あと二つなのであるが・・・







こちらもよろしく。

 
 
 
 
 
 
 


2017年10月17日火曜日

勢いづいちゃったのね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
1戦目 T 2-0 D
 
2戦目 T 6-13 D
 
3戦目 T 1-6 D
 
 
 
 
これは、DeNAさん。
 
 
勢いづいてしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どれくらい勢いづいているかというと、
 
 
 
梶谷 .583
 
ロペス .462
 
筒香 .385
 
嶺井 .375
 
柴田 .417
 
倉本 .364
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パワプロかな?
 
 
 
 
 
まあ、あの泥沼試合で、
 
 
プラス7本くらいのヒットになっていると思うが、
 
 
それにしても、よく当たっている。
 
 
それも、甲子園という相手の籠の中でである。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、我らがカープは、
 
絶大なるハンディで、
 
DeNAを粉砕してくれるはずである。
 
 
 
ハンディとは。
 
アドバンテージの1勝と、
 
ファーストステージからの連戦。
 
 
これにより、
 
DeNAの投手は、
 
 
 
10/14 井納
 
10/15 今永
 
10/16 中止
 
10/17 ウィー
 
 
10/18 石田?
 
10/19 濱口?
 
10/20 井納?
 
10/21 今永?
 
10/22 ウィー?
 
 
 
 
こんな感じでしょうか。
 
クライマックスは予告先発ではないので、
 
誰が出るか分からないし、
 
DeNAさんは、
 
そんなことを考える余裕もないだろう。
 
 
 
 
 
あとは、観客の応援で、
 
DeNAさんを怖気つかせましょう。
 
 
 
日本シリーズは、絶対に、
 
 
 
 
 
 
この2チームで行うべきなのである。
 
 
(二人とも出場できんがな。)