2018年9月24日月曜日

西川龍馬を擁護するページ

 
 
 
今日は何の日
 
 
 
 
秋分の日
 
 
 
 
 
 
ですが、私は、
 
 
仕事なのである。
 
 
 
 
 
だから、カープの優勝を、
 
 
現地で観られないのはもちろん、
 
 
テレビライブでも観られないのである。
 




 
 
 
 
ここは、
 



 
 
 
 

 
 
 無の境地で過ごすしかない。













そんな中で、入ってきた情報は、















お~~い。

どうなってんねん。






昨日のサヨナラの流れから行くと、

どう考えても今日は勝ちでしょうが。





しかし、3回の4点てなんですのん。

となるわけで、

そのあたりを、コメントで確認してみると、




 
 
 Aさん
 
 西川は 二軍落ちしろ。 なんなら 辞めても良いんだよ。
エラーはするし そのエラーから得点された。 チャンスで打てない。
応援してるものは腹が立つ。 もう辞めてくれ!!!!!!!!!
 
 
 
 
Bさん 
 
西川のせいで旨酒が不味くなった
あのバカ何が天才だ?お前は天災の間違えだ 
 
 
 
 




酷い言われようである。




私に言わせれば、

西川の居るカープが嫌ならば、

あなたがファンを辞めてほしいと思うのである。





たぶん、こんなファンは、

丸と鈴木で、1番から9番まで揃えないと、

不満なのだろう。






しかし、今日の西川。

一体、何をしでかしたのか。

確かに、優勝決定戦で、

ミスをすればかなりの批判は受けるのは

覚悟しなければならないだろう。 
 
 
 
 
ちょっくら見てみるか。





3回表






 

 
 
なるほど、強烈な打球。
 
しかし、安部、美間あたりなら取っていたかも。
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
セカンドに間に合わずにセーフ。
 
判断を間違えたか。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、判定は、どちらもヒット。
 
 
記録上、エラーではないので、
 
そこまで批判されことはないだろう。
 
 
 
 
 
 
それよりも、その後粘り切れずに、
 
 




 
 
 
 ホームランを許すジョンソンも、

あまり調子が良くなかったのではないだろうか。








ん?










6回表






なんでもないサードゴロ。

 

 
余裕をもって、投げたが・・・
 
 

 
ワンバウンドか~
 
 

 
 
 
 
 
 
 



やって、やってモーター。






その後、結果的に、



 


 

 



失点




これは痛い。






 
 
 いやいやいや、

確かに、西川のサード守備は3流である。



 
 
 
 しかし、これは西川を責めてはいけない。



なぜなら西川も被害者だからである。



その理由であるが、








理由①



サードの条件の一つに、

肩の強さがある。



しかし、西川は、




肩力がD58 しかない。


この肩だけは、

努力ではどうにもならないと言われている。


筋肉をつければよいというものでは無く、

関節、しなやかさなど、

天性のものらしい。


だから、サードを我慢して使っても、

遠投だけはどうにもならないのである。






理由②



西川は、高校、社会人と、

ずっと遊撃手でやってきた。

今は、カープ編成上の都合で、

サードをやらせれているに過ぎない。



正直、悪いのは、安部である。

今、西川は、あくまでも、

安部の代わりにサードに入っているのである。



いや、もっと言えば、

堂林が悪い。

本当ならば、今頃、

4番サードで堂林が入っているべきなのである。


これらの事を無視して、

西川をたたくのは間違っているのである。








理由③



3割打っているから、使いたくなる。

本職である、ショートやセカンドは、

田中、菊池で固定となると、

サードしか空いていない。

これが、2割レベルの打者なら、

他の選手を使いたくなるが、

西川が

3割打っているのは確かであり、

守備を目をつむってというのは、

監督の方針である。

したがって、西川のせいで負けたのならば、

監督が悪い。
 
 
 
 
 



 
最後に一言。



現状、優勝するまでは、

サード西川で行かざる得ないだろうが、

消化試合になれば、

安部が戻ってくるのと、

曽根もサードで使って、

いろいろな組み合わせを見ていくのではないだろうか。






ファンの皆様には、

是非とも紳士・淑女であってほしいのである。
 


心無いヤジで、

西川を陥れないでほしいのである。







なぜなら、












応援ユニフォーム着難くなるがな。




 


2018年9月21日金曜日

セリーグ制覇までの最後の連戦

 
 
 
 
いろいろありましたが、
 
 
とうとう、3連覇への総仕上げ。
 
 
楽しみなマツダ9連戦スタートなのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
が、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなり中止やんけ~ワレ~
 
 
 
 
こりゃ、タイガースさんには申し訳ないけど、
 
試合なんかできません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ん~、こんな日は、
 
 
何をすればいいのか。
 
 
 
そうか、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我らが柳井市にある、
 
世界に誇れるあの施設。
 
 
 
 
 
 
そう、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バタフライアリーナに行くのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、皆さんご存知とは思いますが、
 
 
この施設は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの卓球用品のバタフライが、
 
命名権を取得している体育館なのである。
 
 
 
 
 
なぜかというと、
 
 
 
バタフライを立ち上げた、田舛彦介さんが、
 
柳井市で創業したからである。
 
 
 
 
 
そう、
 
 
卓球愛好者にとっては、
 
バタフライアリーナは卓球の聖地なのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな聖地で、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんと、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロレス興行があるのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
ちゃんと獣神ライガーもいる。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
そして、カープファンとしては、
 
このメロディーを、
 
本場プロレスで味わうのが乙なのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、隠し撮りですがどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりテンション上がるぜ。
 
 
このままカープも優勝と行こうぜ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ん?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カープやっとるやんけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけに、
 
 

 
 
 
負けとるやんけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お疲れ様でした。
 
 
 
 
 
 
 
 


2018年9月12日水曜日

梅雨明け

 
 
 
 
 
梅雨入りが九里で、
 
 
梅雨明けも九里。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
 
 
「新井さんロス」の喪も明けるだろう。
 
 
 
 
 
これが何よりである。
 
 
本人はかなり気にしていたようである。
 
 
 
 
まあ、この連敗も、
 
 
メンバーの新井さんへの最後のイジリだったのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてあとは優勝までのカウントダウン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9/22 優勝
 
 
 
ってところでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 


2018年9月11日火曜日

6連敗

 
 
 
 
 
いやー、懐かしい響き。
 
 
 
「大型連敗」
 
 
 
さすがに5連敗なると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
おいおいおいおい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
となるレベルだが、
 
 
 
6連敗までなると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あぁ~~~~~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
という感じである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに、
 
 
2016、2017年は5連敗以上。
 
2018年は6連敗以上は無いので、
 
 
6連敗は、
 
2015年4月(7連敗)までさかのぼる。
 
(緒方政権発足の年)
 
 
 
 
正直、この最悪の事態から抜け出すのは、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「無理」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
したがって、
 
 
ここは、勝ち負けに一喜一憂せずに、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無の境地であるべき。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでイライラなどすると、
 
 
 
 
 
 
自滅するハメになるのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから皆さん、
  
今日の負けをしかと受け止めて、
 
心で次の言葉を唱えるのです。
 
 
 
 
 
 
今の苦しみは必ず過ぎ去る
 
 
耐えられない苦しみはない
 
  
苦しみには必ず脱出の道がある
 
 
苦しみを経験するから幸せの有り難みが分かる
  
 
苦しむことは幸せになるためのプロセス
 
  
苦労をした人にはそれと同じ量の喜び、ご褒美がくる。
 
 
苦あれば、楽あり
 
 
世の中には人には言えない苦しみや地獄を抱えた人もいる。
それでもニコニコ朗らかに生きる強い人がいる。
 
 
苦しい時こそ、成長するチャンス
 
 
苦しみには意味がある
 
 
苦しい時が上り坂
 
 
苦しみは過去に誰かが乗り越えている
 
 
 悲しみや苦しみの先にそれぞれの光がある
 
 
 
 
 
 
 
そう、
 
今の苦しみは、
 
最高の優勝の瞬間を味わせて頂く、
 
神様からのプレゼントなのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2018年9月9日日曜日

新井さんロスが酷過ぎる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
○ 10-5 ジョン
 
○ 5-4 中崎
 
○ 6-2 岡田
 
○ 6-5 中崎
 
○ 8-3 大瀬良
 
○ 7-3 アデゥワ
 
新井引退発表
 
● 3-11 九里
 
● 3-13 岡田
 
● 0-3 野村
 
● 5-6 大瀬良
 
● 3-4 高橋樹
 
 
 
 
これを見ると、
 
今の負けっぷりが、
 
新井の引退発表が原因としか思えない。
 
 
 
球団の新井効果で一気に優勝!!
 
そして、消化試合もお客さん一杯!!
 
 
 
の目論見が、
 
見事に外れたとしか言いようがない。
 
 
 
 
 
まあ、選手の皆さんは、
 
このように言われるのは心外であろうが、
 
優勝に向けて集中すべきところで、
 
このような衝撃的な発表されると、
 
いい意味でも悪い意味でも、
 
何らかの影響が出るのは間違いない。
 
 
 
 
とくに気になるのが「失策」
 
カープの失策は大体2試合に1回くらいの割合なのだが、
 
このところ、失策が増えているのである。
 
 
 
● 3-11 1失策 西川
 
● 3-13 0失策
 
● 0-3 1失策 西川
 
● 5-6 2失策 西川、菊池
 
● 3-4 1失策 會澤
 
 
 
西川が下手といえばそれまでだが、
 
なんとなく、プレーを見ていても、
 
全体的に覇気を感じないのである。
 
 
 
 
 
 
では、我々は、どうすればいいのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DeNAを応援するしかなかろう。