2019年9月21日土曜日

写真でみる「今年のカープ10大ニュース」

 
 
今年のカープ。
 
 
最後に粘りもなく、
 
 
あっけなく終わったということで、
 
 
独断で10大ニュースをまとめてみました。
 
 
説明を書くのがめんどくさいので、
 
 
写真だけで理解してください。
 
 
(新井退団は昨年なので除く)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これからの予想
 
 
 
 
 
 
 
 
 
OR
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2019年8月29日木曜日

勝ち負けに怒っている訳では無い

 
 
 
 
 
カープ優勝の条件は、
 
 
このジャイアンツ3連戦で、
 
 
3連勝と掲げていたので、
 
 
正直、
 
 
昨日の負け試合で消滅したわけである。
 
 
 
 
 
したがって、
 
 
私も心を入れ替えて、
 
 
2位必須
 
 
ということで、
 
 
今日から新たな気持ちでいたのだが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんじゃこりゃ
 
 
 
 
 
 
 
 







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、こんなのはどうでもいい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボケ、カス、恥知らず。

 
 
 
 
 
人の血が流れているなら、
 
 
カープの前でやるな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カープの前では、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
これくらいにしておけ。
 
 
ボケどもが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まあ、いい。
 
 
あとは、クライマックスで、
 
 
ジャイアンツに最大の恥をかかせるだけじゃ。
 
 
 
 
 
 
たのむぞ、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸君
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年8月17日土曜日

広島東洋ジェンガ






 
 

 
弱くても、
 
 
誠実だけが取り柄だったカープ。
 
 
今やジェンガ状態。
 
 
 
 
 
 
結果や勝利にとらわれ過ぎて、
 
 
一線を越えてきている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ファンは傷口に触れまいと、
 
 
 
 
 
 
 
 
 こんなことがあっても、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見て見ぬふりを決めていたが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに、
 
 
ドーピングなどがあると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を信じていいのか分からなくなるのである。
 
 
 
 
 
 
そして、これは彼自身の問題ではない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カープ球団どころか、
 
 
これまで積み重ねてきた
 
 
勝利
 
 
と、
 
 
優勝
 
 
 
そして、
 
 
チーム
 
 
 
 
へのすべてが、疑いの目で見られるのである。
 
 
 
 
 
 
 
もちろん、
 
 
意図的なドーピングでないことは信じたいが、
 
 
ルールあってのスポーツ。
 
 
言い訳は一切受け付けられないだろう。
 
 
 
 
 
しかし、
 
 
いろいろな別れがあるが、
 
 
このような形で、
 
 
バティスタとお別れになるのは、
 
 
なんとも寂しい限りである。
 
 
 
 
 
まだ、27歳のバティスタ。
 
 
謹慎期間が取れたら、
 
 
また、プロ野球選手として頑張ってほしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ちなみに、
 
 
私の家にあった、
 
 
ドーピング薬の一例。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 スタジアムに応援に行く際は、
 
 
皆様もドーピングに引っかからないように、
 
 
注意していただきたい。
 
 
 
 
 
 
というか、
 
 
これらをいくら飲んでも、
 
 
仕事の成績が上がったためしはないが・・・。
 
 
 
 
 






2019年7月7日日曜日

祇園精舎

 
 
 
 
 
 
 
祗園精舎の鐘の声、

諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、
 
盛者必衰の理をあらは(わ)す。

おごれる人も久しからず、

唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、

偏に風の前の塵に同じ。
 
 
 
 
 
 
祇園精舎の鐘の音には、

      諸行無常すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。

      沙羅双樹の花の色は、

どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。

      世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、

      春の夜の夢のようである。

      勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、

まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである。
 
 
 
 
 
 
とても悲しい詩であるが、
 
今まさに広島カープがこの状況に直面している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おっと、大切なことを忘れていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おひさしブリーフ
 
 
 
 
 
 
 
ほぼ、1年ブリーフ。
 
みなさま、お元気だったでしょうか。
 
 
 
カープも、とうとう借金生活に突入したとのことで、
 
ここらで一度更新でもしようかと思った次第。
 
 
 
 
 
 
 
えっと、
 
 
何の話でしたっけ?
 
 
 
そうそう、祇園精舎ですね。
 
 
 
 
 
どんなに隆盛を極めていたものも、
 
必ず滅びるということ。
 
まあ、滅びるというまではいかないとしても、
 
隆盛は続かないということか。
 
 
 
 
 
 
 
例えば、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
オリンピック4連覇
 
世界大会189連勝
 
 
 
 
 
 
 

 
日産・三菱会長
 
ルノーCEO
 
総資産2000億円
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
バラエティ アメトーク
 
コマーシャル スカルプD
 
大河ドラマ 龍馬伝
 
 
 
 
 
 
 
伊調さん以外は自業自得なので、
 
カープとは違うか。
 
 
 
 
まあ、なんにせよ、
 
カープは、いまの現実を真摯に受け止め、
 
復活の布石を打っておかなければならない。
 
 
 
 
そう、
 
 
今年の残り試合をどのように過ごすかが肝要なのである。
 
 
 
 
 
①引き続き優勝を狙うのか。
 
 
②Aクラスにどうにか食い込むのか。
 
 
③一度チームをリセットして、新たなカープを目指すのか。
 
 
 
 
 
 
思い起こせば4年前。
 
緒方政権初年度の、
 
2015年の開幕戦は、
 
 
 
 
1 鈴木
 
2 菊池
 
3 丸
 
4 グスマン
 
5 松山
 
6 梵
 
7 會澤
 
8 田中
 
9 マエケン
 
 
 
という布陣。
 
 
 
そう、ほとんどの選手が、うまく育って、
 
カープ3連覇の立役者。
 
 
逆言えば、4年間も同じメンバーで戦い続けているのである。
 
 
 
 
 
ただ、昨日のスタメンを見ると、
 
首脳陣も転換期を迎えるべき時と感じているのだろう。
 
 
 
1 曽根
 
2 西川
 
3 坂倉
 
4 鈴木
 
5 松山
 
6 安部
 
7 磯村
 
8 田中
 
9 アドゥワ
 
 
 
そう、2年後を見据えて、
 
 
 
安部⇒林
 
田中⇒小園
 
松山⇒野間とか高橋とか
 
 
 
 
 
だから、カープファンの皆様は、
 
今の惨劇に一喜一憂するのではなく、
 
2年後のカープ復活のための布石だと思い、
 
怒りを鎮めなければならないのである。
 
 
 
 
 
 
P.S.
 
 
しかし、最弱と思っていた、
 
 
オリックス、スワローズ、タイガースに、
 
 
ここまでカモにされ、
 
 
かなりの精神的ダメージを受けましたが。
 
 
 
 
 






















2018年9月24日月曜日

西川龍馬を擁護するページ

 
 
 
今日は何の日
 
 
 
 
秋分の日
 
 
 
 
 
 
ですが、私は、
 
 
仕事なのである。
 
 
 
 
 
だから、カープの優勝を、
 
 
現地で観られないのはもちろん、
 
 
テレビライブでも観られないのである。
 




 
 
 
 
ここは、
 



 
 
 
 

 
 
 無の境地で過ごすしかない。













そんな中で、入ってきた情報は、















お~~い。

どうなってんねん。






昨日のサヨナラの流れから行くと、

どう考えても今日は勝ちでしょうが。





しかし、3回の4点てなんですのん。

となるわけで、

そのあたりを、コメントで確認してみると、




 
 
 Aさん
 
 西川は 二軍落ちしろ。 なんなら 辞めても良いんだよ。
エラーはするし そのエラーから得点された。 チャンスで打てない。
応援してるものは腹が立つ。 もう辞めてくれ!!!!!!!!!
 
 
 
 
Bさん 
 
西川のせいで旨酒が不味くなった
あのバカ何が天才だ?お前は天災の間違えだ 
 
 
 
 




酷い言われようである。




私に言わせれば、

西川の居るカープが嫌ならば、

あなたがファンを辞めてほしいと思うのである。





たぶん、こんなファンは、

丸と鈴木で、1番から9番まで揃えないと、

不満なのだろう。






しかし、今日の西川。

一体、何をしでかしたのか。

確かに、優勝決定戦で、

ミスをすればかなりの批判は受けるのは

覚悟しなければならないだろう。 
 
 
 
 
ちょっくら見てみるか。





3回表






 

 
 
なるほど、強烈な打球。
 
しかし、安部、美間あたりなら取っていたかも。
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
セカンドに間に合わずにセーフ。
 
判断を間違えたか。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、判定は、どちらもヒット。
 
 
記録上、エラーではないので、
 
そこまで批判されことはないだろう。
 
 
 
 
 
 
それよりも、その後粘り切れずに、
 
 




 
 
 
 ホームランを許すジョンソンも、

あまり調子が良くなかったのではないだろうか。








ん?










6回表






なんでもないサードゴロ。

 

 
余裕をもって、投げたが・・・
 
 

 
ワンバウンドか~
 
 

 
 
 
 
 
 
 



やって、やってモーター。






その後、結果的に、



 


 

 



失点




これは痛い。






 
 
 いやいやいや、

確かに、西川のサード守備は3流である。



 
 
 
 しかし、これは西川を責めてはいけない。



なぜなら西川も被害者だからである。



その理由であるが、








理由①



サードの条件の一つに、

肩の強さがある。



しかし、西川は、




肩力がD58 しかない。


この肩だけは、

努力ではどうにもならないと言われている。


筋肉をつければよいというものでは無く、

関節、しなやかさなど、

天性のものらしい。


だから、サードを我慢して使っても、

遠投だけはどうにもならないのである。






理由②



西川は、高校、社会人と、

ずっと遊撃手でやってきた。

今は、カープ編成上の都合で、

サードをやらせれているに過ぎない。



正直、悪いのは、安部である。

今、西川は、あくまでも、

安部の代わりにサードに入っているのである。



いや、もっと言えば、

堂林が悪い。

本当ならば、今頃、

4番サードで堂林が入っているべきなのである。


これらの事を無視して、

西川をたたくのは間違っているのである。








理由③



3割打っているから、使いたくなる。

本職である、ショートやセカンドは、

田中、菊池で固定となると、

サードしか空いていない。

これが、2割レベルの打者なら、

他の選手を使いたくなるが、

西川が

3割打っているのは確かであり、

守備を目をつむってというのは、

監督の方針である。

したがって、西川のせいで負けたのならば、

監督が悪い。
 
 
 
 
 



 
最後に一言。



現状、優勝するまでは、

サード西川で行かざる得ないだろうが、

消化試合になれば、

安部が戻ってくるのと、

曽根もサードで使って、

いろいろな組み合わせを見ていくのではないだろうか。






ファンの皆様には、

是非とも紳士・淑女であってほしいのである。
 


心無いヤジで、

西川を陥れないでほしいのである。







なぜなら、












応援ユニフォーム着難くなるがな。