2014年10月29日水曜日

カープ 2015年度コーチングスタッフ



 
 
 
いや~、
 
 
 
 
 
 
 
 
こうきましたか。
 
 
 
かなり若い布陣であるが、
 
 
不明であった1軍投手コーチは、
 
 
 
 
 
畝さんとカンエイ。
 
 
 
 
 
なるほど、
 
 
畝さんは昨年の分析コーチから投手コーチへ。
 
 
こちらが一応、代表コーチであろう。
 
 
 
 
そして、カンエイは、
 
 
ブラウン政権の時の1軍コーチであったから、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
復活ということになる。
 
 
 
 
 
 
 
まあ、
 
 
一流選手が必ずしも一流の指導者になるとは
 
限らない。
 
 
 
 
とも言われているので、
 
 
期待しますか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
 
 
 
 
 
カンエイの、このオーラの無さ。
 
なんだろう、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まるで、
 
 
 
 
俊雄くんや、
 



 
朱美ちゃんに
 
 
 
匹敵する感じであるが気のせいか。
 
 
 
 
 
 
 
 
あとは、
 
 
2軍コーチ。
 
 
 
 
 
 
ひ、ひ、東出。
 
 
もう、復活はなさそうである。
 
 
 
 
 
 
 
 
その点、栗原は、
 
 
まだ戦力になると見ているのだろうか。
 
 
 
 
まあ、カンバック賞なんてものもあるので、
 
 
どうにかもう一度、
 
 
一軍で活躍してもらいたいのだが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年10月28日火曜日

No~。梅ちゃ~ん。






 
 
 
梅ちゃ~ん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんで?どして?
 
 
戦力外になるの~。
 
 
 
 
 
 
 
2012 4.05
2013 5.23
2014 5.89
 
 
 
成績が悪い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、それだけの理由では納得できない。
 
 
なんで、なんで?
 
 
 
 
 
 
 
若造がたくさん入ってきたから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
納得いかねー。
 
 
これと言った理由があるだろ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ことしの大竹カキ祭りに参加したから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なるほど。
 
 
 
 
 
 
 
これも大竹の影響か。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、梅ちゃんには、
 
 
横山のカバーくらいしてもらって、
 
 
カープで円満引退して欲しかったのだが。
 
 
 
とても残念です。
 
 
 
 
-------------------------------
 
 
 
 
 
ん~、
 
 
あとのメンバーは、
 
 
 
 
久本は怪我を治すとの事で育成。
 
 
上村は大型捕手が入ってきて押し出し。
 
 
松本はやはり怪我。ざんねん。
 
 
 
 
 
そして、迎師匠は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 漁師か。
 
 
 
と言いたいところだが、
 
 
 
迎フィッシング道場には、
 
 
 
菊池なども所属しており、
 
 
 
いなくなるのは痛い。
 
 
 
したがってコーチ補佐とのこと。
 
 
 
 
 
 
 
誰のコーチの補佐だろうか。
 
 
 
まあ、2軍からだと思うが。
 
 
 
 
 
 
ところでコーチといえば、
 
 
 
 
 
 
1軍の投手コーチは?
 
 
 
 
 
 
2軍は、
 
 
 
 
 
 決まったのだが、
 
 
 
 
1軍投手コーチの情報が入らない。
 
 
 
 
 
ん~、
 
 
 
 
澤崎や幹英とも思えない。
 
 
 
 
やはり畝さんか。
 
 
 
 
この人の分析力は他球団からも一目置かれている。
 
 
ここで、投手陣に遠慮無しに物言いしてくれるのもいいかもしれない。
 
 
 
 
 
他に考えられるとしたら、
 
 
 
 
大野さんの復活。
 
これは無いなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
北別府、池谷は?
 
 
ん~。
 
 
ある意味、この二人のコーチ時代に、
 
カープ暗黒時代を作り上げた、
 
立役者ともいえるので、いらないか。
 
 
 
 
 
ここはサプライズで、
 
 
 
 
建さん。
 
 
 
佐々岡が2軍で、
 
 
建さんが1軍ってことはないか。
 
 
 
 
 
 
 
 
結局、
 
 
 
 
 
わかんな~い。
 
 
 
 
 
 


2014年10月27日月曜日

薮田和樹とは

 
 
 
 
 
カープドラフト2位
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 薮田 和樹
 
 
 
 
これまでの実績を考えると、
 
ドラフト2位という上位選択の理由が、
 
なぞなのである。 
 
 
 
 
高校2年生の春に148km/hを記録した188cmの大型投手。その後ヒジを痛め、亜大に進むも2年間は公式戦の登板が無かったが、3年春の5月14日の駒大1回戦で1イニングを1安打無失点に抑えると、3回戦でも1イニングを無失点、自己最速も151km/hを記録した。

広島市立二葉中学校時代は、広島安芸リトルシニアに所属。
 
 
 
 
 
高校の時には、
 
甲子園出場どころか、
 
2年のときは九里の陰にかくれて出場すら少なかった。
 
ピークは2年の春。
 
148km/hを記録。
 
その後、エースになるかと思いきや、
 
肘痛で、夏まで出場無し。
 
そして、夏には岡山でベスト8止まり。
 
 
 
 
 
そして亜細亜大学に進学。
 
 
 
 
     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   11春:        登板無し
   11秋:        登板無し
   12春:        登板無し
   12秋:        登板無し
   13春: 2 0勝0敗   1  1  0  0  0  0.00
   13秋:        登板無し
   14春:        登板無し           
   通算: 2 0勝0敗   1  1  0  0  0  0.00 
 
 
 
 
 そこでも、4年間で2試合のみの登板。
 
 
これじゃあ、正直なところ、
 
 
ドラフトどころか、実業団でもどうかという感じ。
 
 
 
 
 
 
では、なぜカープが2位で選んだか。
 
 
これは、
 
 
 
 
 松本スカウトの尽力であろう。
 
 
 
 
 
松本スカウトは、
 
崇徳高校から亜細亜大学。
 
 
 
そう、亜細亜繋がりは松本スカウトなのである。
 
 
 
 
 
過去には、
 
 
宮崎、いわモン、中東、堂林、庄司、菊池、九里
 
 
のスカウトに奔走。
 
 
 
どちらかというと、
 
誰もがしっているような選手を選ぶのではなく、
 
かくれた逸材に目をつけるのがうまいスカウトなのである。
 
 
 
 
そして、
 
 
その松本スカウトが、
 
 
高校1年生からマークしていたのが、
 
 
この薮田なのである。
 
 
 
 
 
では、ここからは、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
妄想タイム。
 
 
 
 
 
 
 
 
みなさんも一度は、
 
 
こんな妄想をしたことが無いだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
例えば、
 
 
あなたは野球をしていて、
 
 
結構実力がある。
 
 
 
 
 
そしてもちろんカープに入りたい。
 
 
 
しかし今の制度では逆指名がないので、
 
 
 
ヘタに高校や大学で活躍していると、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
入りたい球団に入れないことになる。
 
 
 
 
 
 
 
そこで、
 
 
 
なるべく公のところでは、
 
 
実力をほどほどに抑えて、
 
 
 
 
 
 
松本スカウトにだけ、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すごいところを見せておく。
 
 
 
 
 
 
そして裏で、
 
 
 
 
 
 
カープに選択してもらう内定をもらう。
 
 
 
 
 
 
 
どうであろうか。
 
 
私が、柳田ならそれくらいのことはやっていただろう。
 
 
 
 
 
 
--------------------------------------
 
 
 
 
だからこそ、
 
 
薮田はすごい投手になるのは、
 
 
間違いないのである。
 
 
 
 
 
先日の涙、涙の番組をやっていましたが、
 
 
ご覧になられていない方はどうぞ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2014年10月26日日曜日

MLBカープってか?









すでに広島を抜け出して、
 
 
 
 
 
大リーガー(厳密には3A)カープを形成している。
 
 
 
 
 
 
外国人枠をものともせず、
 
 
 
 
 
 
 
 
【現在(ほぼ)確定】
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【交渉中】
 
 

 
 
 
【お別れ確定】
 
 
 
 
 
 
 
この時点で、
 
 
4+2-1=5名
 
 
 
 
 
 
 
それに
 
 
 
 
【新入団】
 
 
 
 
 
 

 
 
3名
 
 
 
 
 
 
ここで整理すると、
 
 
 
 
 
【野手】
 
外野、1塁 エルドレッド
外野      ロサリオ
外野、1塁   グスマン
 
 
【投手】
 
先発 バリントン
先発   ヒース
先発 ジョンソン
 
リリーフ   ミコライオ
リリーフ  フィリップス
リリーフ ザガースキー
 
 
 
 
こりゃ、すごいことになっとる。
 
 
 
 
まあ、交渉中のバリとミコとの契約は無い
 
とのことでの交渉であろうが、
 
 
 
外国人枠を考えると、
 
かなり思い切った登用。
 
 
 
 
まず野手は、
 
 
3人のうち、調子の良い2人を使い、
 
一人はファーム。
 
 
 
 
 
そして投手は、
 
 
先発、リリーフ一人ずつ。
 
 
 
 
 
この登用は、無駄に見えるのだが、
 
 
好不調の激しい外国人を、
 
 
好調選手をまわして使う、
 
 
思い切った活用方法。
 
 
 
 
 
 
 
たしかに、
 
 
 
楽天のように、
 
 
 
 
ユーキリス(3億円)
 
21試合 .215 足を痛めてそのまま退団
 
 
 
ブラックリー(2億円)
 
3試合 1勝2敗 5.54 
 
 
 
 
 
こんなのが入ってくるより無難ともいえる。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、ファンとしては、
 
 
 
名前を覚えるのが一苦労である。
 
 
 
 
とくに、
 
 
 
ザガースキー。
 
 
 
 
 
 
正式には、
 
 
マイケル・ジャスティン・ザガースキー
 
 
 
 
 
では、おぼえる方法をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マイケル
 
 
 
 

 
ジャスティン
 
 
 
 

 
サッカー
 
 
 

 
スキー
 
 
 
 
 
 
マイケル・ジャスティン・ザガースキー
 
 


 
 
 
 
ん?
 
 
ザガーに無理があると。
 
 
 
 
 
 
 
 
では、もう一度、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マイケル
 
 
 
 
 
 

 
ジャスティン
 










 
ザ・ガースー
 
 
 
 
 
 



キー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひどー覚えられんわ。
 
 
 
 
 
 




2014年10月23日木曜日

2014 プロ野球ドラフト会議




 
 
今年も始まりました、
 
 
プロ野球ドラフト会議
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このドラフトの成功と失敗で、
 
 
 
近い将来のチームの順位が決まってしまう、
 
 
 
恐ろしい会議である。
 
 
 
 
 
 
カープはすでに、
 
 
有原の一位指名を宣言。
 
 
 
 
 
どうにか獲って欲しいところだ。
 
 
 
問題は、何チーム競合するかであったが、
 
 
 
 
 
 
 
 
まあまあの4チーム。
 
 
 
 
 
これならいけるで、尾形。
 
 
 
 
 
 
 
ひけ~
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
またまた、日ハム。
 
 
 
残念。
 
 
 
 
しかし間抜けなのは、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セリーグの面々。
 
 
 
 
競合になった、
 
 
安楽、有原とも、
 
見事にパリーグへ。
 
 
 
結局、一本釣りできた、
 
 
 
ジャイアンツと中日以外は、
 
 
全員クジ負け。
 
 
 
 
これが、パリーグが強いといわれる所以に繋がるわけである。
 
 
 
 
 
 
 
--------------------------------
 
 
 
 
 
 
 
しかし、
 
 
カープの外れ一位は誰か。
 
 
ここが重要。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
野間獲ったど~
 
 
 
 
というか、よく野手に行った。
 
 
ヘタな投手を無理やり押し込むより、
 
 
良い野手を入れるほうが、今年はいいだろう。
 
 
 
 
 
 
 
しかし、この野間くん。
 
 
 
 
 
昨日は、
 
 
 
 
こんな感じで紹介したが、
 
 
 
 
 
 
写真を間違えただけであって、
 
 
 
 
本当は、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スタイルは、こちらそっくりなのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野間 峻祥(のま たかよし)
 
 
180cm80kg 右左 外野手 50m5秒7
 
 
 
 
 
 
赤で10番だからと言って騙されてはならない。
 
 
 
 

 
 
モモの太さ、しぼった身体、
 
そして、このふてぶてしさ。
 
 
 
 
 
 
 
いい感じなのである。
 
 
 
 
私個人としては、
 
 
カープ野球に一番近い選手で、
 
 
ばんざ~いの気持ちなのである。
 
 
 
 
 
 
 
そしてこの瞬間、
 
 
 
来年のオーダーがすでに決まったのである。
 
 
 
 
 
1 ライト    野間
2 セカンド  菊池
3 センター  まる
4 ファースト エル
5 レフト    ロサ
6 ショート   田中
7 サード    色々
8 キャッチャー 翼
 
 
 
ちなみに色々は、
(梵、堂林、誠也、ぼぼ、キムショーなど)
 
 
なのである。
 
 
 
 
そう、今年どうしても、
 
1番バッターが決まらなかったのだが、
 
 
ここでやっと決まったのである。
 
 
 
ようこそ野間君。
 
 
これで、新人王、盗塁王は決まりなのである。
 
 
 
 
 
 
 
------------------------------------
 
 
 
ちなみに、セリーグの一位は、
 
 
 
 
 
すぐに脅威になる選手はいない。
 
 
(岡本君は何年後か。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2位以下はウェーバー制。
 
 
 
 
 
ここで、
 
 
DeNAに石田。
 
楽天に小野。
 
 
 
欲しいところを獲られた。
 
 
 
こうなったら、
 
 
 
 
 
あざまイケー。
 
 
そのほうが計画性が無くてオモロイ。
 
 
 
 
2順目
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
投手行ったか。
 
 
さすがに外野2人はいらんか。
 
 
 
しかしこの薮田、九里の一つ下。
 
 
 
これで、永川が海外FAしなければ、
 
 
亜細亜投手、三羽烏が誕生する。
 
 
すきね~。
 
 
 
 
 
 
ちなみにここで、
 
 


 
 
日ハムがあざま。
 
 
 
ここで取れるとは、こりゃ、日ハム持ってるわ。
 
 
 
 
 
------------------------------
 
 
 
 
3順目
 
 
 
 
 

 
 
ここで左。
 
 
評判は、
 
 
まっすぐが150kmで、
 
 
ノーコン。
 
 
のびしろが多い。
 
 
 
 
 
3年後を楽しみにしましょう。
 
 
 
  
 
 
 
----------------------------------------------
 
 
 
 
4順目
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
ここまでくると、わからん。
 
 
 
 
181cm80kg 右左 MAX148km スライダー・カーブ・カット・スプリット
 
  最速148㌔の重い直球とスプリット。高3春16年ぶり県4強の原動力。
 
3試合連続完投勝利を挙げた。
 


 
ただし、こんな意見も。
 
 
中日・中田スカウト部長|14/7/20

 「馬力があって、素材がすばらしい。とんでもない投手になる」
 
 
 
どういう意味でのとんでもないが不明だが。
 
 
 
 
------------------------------
 
 
 
そのあと、
 
 
 
 
 
4順目でこの人が。
 
 
なぜ1位候補がここまで残る。
 
 
 
 
 
 
それどころか、
 
 
 
 
5順目であの島袋君。
 
 
のびなかったのか。
 
 
 
 
 
やはり、素人にはわからない。
 
 
 
 
 
-----------------------------
 
 
 
 
5順目
 
 
 
 
 

 
 
 
 
182cm73kg 右左 遊撃手 遠投90m 50m6秒0
 

長打力ある1番ショート。フルスイングが持ち味。
2年春選抜で中越え2ラン、夏甲子園で右中間2ラン。
 
 
 
これまた、緒方好みの選手。
 
 
ただし大型。
 
 
どのように育つのか楽しみである。
 
 
 
 
-------------------------------
 
 
 
 
6順目
 
 
 
 
 

 
 
なんだ、なんだ、
 
 
無理やり左を入れてきたか。
 
 
 
 
 
それどころか、
 
 
また、亜細亜卒。
 
 
 
 
 
広島と亜細亜。
 
 
何で結ばれているのか。
 
 
 
 
 ちなみに、
 
 
「広島野村監督長男、亜大開幕スタメンも」
 
 
こんなところまで。
 
 
 
---------------------------------------
 
 
 
 
 
 
 7順目
 
 
 
 
 
 
ここでびっくり。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 捕手の多田。
 
 
しかし、
 
 
捕手で使うかは疑問。
 
 
 
 
189cm91kg 右右 捕手 遠投120m 50m6秒5

二塁送球タイム1秒79の強肩捕手。
 
長打力のある4番打者。3年春の県大会決勝で1試合5補殺。 
 
 
 
こんなデカイ捕手って他にいるのか。
 
 
ちなみに捕手がでかいと、
 
 
 
 
 
 
ピッチャーが的をしぼりにくい。
 
ピッチャーのワンバンのボールを押さえにくい。
 
 
 
 
など不利となる。
 
 
しかし、この選手の加入で、
 
 
 
 
 
大型捕手のお別れとなるのだろうか。
 
 
 
 
 
 
------------------------------
 
 
 
 
そして、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いや~。
 
 
クジで負けたので、
 
 
イマイチ盛り上がらなかったが、
 
 
 
 
 
今回の目玉は、なんと言っても、
 
 
 
 
 
野手と捕手の補強。
 
 
野間君と桑原君と多田君。
 
 
 
これらの選手に期待をしましょう。
 
 
 
 
 
では、
 
 
さいなら。
 
 
 
 
 
 
▽巨人
  1位 岡本 和真(智弁学園、内野手、右右)
  2位 戸根 千明(日大、投手、左左)
  3位 高木 勇人(三菱重工名古屋、投手、右右)
  4位 田中 大輝(国学院大、投手、左左)
 ▽阪神
 ×1位 有原 航平(早大、投手、右右)
 ×1位 山崎 康晃(亜大、投手、右右)
  1位 横山 雄哉(新日鉄住金鹿島、投手、左左)
  2位 石崎  剛(新日鉄住金鹿島、投手、右右)
  3位 江越 大賀(駒大、外野手、右右)
  4位 守屋 功輝(Honda鈴鹿、投手、右右)
  5位 植田 海(近江、内野手、右右)
 ▽広島
 ×1位 有原 航平(早大、投手、右右)
  1位 野間 峻祥(中部学院大、外野手、右左)
  2位 藪田 和樹(亜大、投手、右右)
  3位 塹江 敦哉(高松北、投手、左左)
  4位 藤井 皓哉(おかやま山陽、投手、右左)
  5位 桑原 樹(常葉菊川、内野手、右左)
  6位 飯田 哲矢(JR東日本、投手、左左)
  7位 多田 大輔(鳴門渦潮、捕手、右右)
 ▽中日
  1位 野村 亮介(三菱日立パワーシステムズ横浜、投手、右右)
  2位 浜田 智博(九産大、投手、左左)
  3位 友永翔太(日本通運、外野手、右左)
  4位 石川 駿(JX-ENEOS、内野手、右右)
  5位 加藤 匠馬(青学大、捕手、右右)
  6位 井領 雅貴(JX-ENEOS、外野手、右左)
  7位 遠藤 一星(東京ガス、内野手、右左)
  8位 山本 雅士(四国IL徳島、投手、右左)
  9位 金子 丈(大商大、投手、右右)
 ▽DeNA
 ×1位 有原 航平(早大、投手、右右)
 ○1位 山崎 康晃(亜大、投手、右右)
  2位 石田 健大(法大、投手、左左)
  3位 倉本 寿彦(日本新薬、内野手、右左)
  4位 福地 元春(三菱日立パワーシステムズ横浜、投手、左左)
  5位 山下 幸輝(国学院大、内野手、右左)
  6位 百瀬 大騎(松本第一、内野手、右左)
  7位 飯塚 悟史(日本文理、投手、右左)
 ▽ヤクルト
 ×1位 安楽 智大(済美、投手、右左)
  1位 竹下 真吾(ヤマハ、投手、左左)
  2位 風張 蓮(東農大北海道、投手、右右)
  3位 山川 晃司(福岡工大城東、捕手、右右)
  4位 寺田哲也(香川オリーブガイズ、投手、右右)
  5位 中元 勇作(伯和ビクトリーズ、投手、左左)
  6位 土肥 寛昌(Honda鈴鹿、投手、右右)
  7位 原 泉(第一工大、外野手、右右)
 ▽ソフトバンク
  1位 松本 裕樹(盛岡大付、投手、右左)
  2位 栗原 陵矢(春江工、捕手、右左)
  3位 古沢 勝吾(九州国際大付、内野手、右右)
  4位 笠谷 俊介(大分商、投手、左左)
  5位 島袋 洋奨(中大、投手、左左)
 ▽オリックス
  1位 山崎 福也(明大、投手、左左)
  2位 宗 佑磨(横浜隼人、内野手、右左)
  3位 佐野 皓大(大分、投手、右右)
  4位 高木 伴(NTT東日本、投手、右右)
  5位 斎藤 綱記(北照、投手、左左)
  6位 坂寄 晴一(JR東日本、投手、左左)
  7位 西野 真弘(JR東日本、内野手、右左)
  8位 小田 裕也(日本生命、外野手、右左)
  9位 鈴木 優(雪谷、投手、右右)
 ▽日本ハム
 ○1位 有原 航平(早大、投手、右右)
  2位 清水 優心(九州国際大付、捕手、右右)
  3位 浅間 大基(横浜、外野手、右左)
  4位 石川 直也(山形中央、投手、右右)
  5位 瀬川 隼郎(室蘭シャークス、投手、左左)
  6位 立田 将太(大和広陵、投手、右右)
  7位 高浜 祐仁(横浜、内野手、右右)
  8位 太田 賢吾(川越工、内野手、右右)
  9位 佐藤 正尭(愛知啓成、内野手、右右)
 ▽ロッテ
  1位 中村 奨吾(早大、内野手、右右)
  2位 田中 英祐(京大、投手、右右)
  3位 岩下 大輝(星稜、投手、右右)
  4位 寺嶋 寛大(創価、捕手、右右)
  5位 香月 一也(大阪桐蔭、内野手、右左)
  6位 宮崎 敦次(広島国際学院大、投手、右左)
  7位 脇本 直人(健大高崎、外野手、右左)
 ▽西武
  1位 高橋 光成(前橋育英、投手、右右)
  2位 佐野 泰雄(平成国際大、投手、左左)
  3位 外崎 修汰(富士大、内野手、右右)
  4位 玉村 祐典(敦賀気比卒、投手、右右)
  5位 山田 遙楓(佐賀工、内野手、右右)
 ▽楽天
 ○1位 安楽 智大(済美、投手、右左)
  2位 小野 郁(西日本短大付、投手、右右)
  3位 福田 将儀(中大、外野手、右右)
  4位 ルシアノ・フェルナンド(白鴎大、外野手、右右)
  5位 入野 貴大(四国IL徳島、投手、右左)
  6位 加藤 正志(JR東日本東北、投手、右右)
  7位 伊東 亮大(日本製紙石巻、投手、左左)